MIYUTOのぷらも道

ぷらも活動(製作・完成)日常雑記

      この道はどこに続く。。。

無理なく水転写デカールを貼る

スポンサーリンク

水転写デカール

 

完成まであと少しな所のデカール貼り

 

やだなぁと思っている人もいるのか分かりません。

 

 

miyutoは大好物です。

寝る間を惜しんで貼ったりする事も多々あります♪

1つ貼るごとに 様子が変わっていくのは

楽しいですφ(^∇^〃) 

 

。。。失敗しなければ( ー`дー´)キリッ

 

 

いつもやってるデカールの貼り方の記事です。

miyutoがたどり着いた方法。

 

ひとそれぞれ方法があるかと思いますので

あしからず。

 

 

水転写デカールに使用している道具

  • 受け皿(プラの平たい容器)
  • ウエス(使い古しのTシャツ切れ端)
  • 綿棒
  • デカールのり(マークセッターとか)

特別な道具は一切ありません。

そこらへんにあったものです。

たくさん貼るうちにたどり着いた精鋭達です。

 

水転写デカールに使用する道具

 

容器になります。

 

上げ底になっていると

 適度に水が切れて

  調子が良いです。

水転写デカールに使用する道具

 

マークセッターマークソフター

 

マークセッターとマークソフター

  • ほぼレギュラーのマークセッター
  • あまり出番はないけど3次元には必要なマークソフター

 マークセッターは接着剤とほんの少し軟化剤が

入ってます。

 マークソフターは軟化剤に特化しています。

かなり強力に軟化するので、位置決め前に塗ると

薄いデカールは崩れやすくなってしまいます( ゚Д゚)

また、3次元に貼る際にも使用します。

 

リックディジェやゲルググウェルテクスの制作の際

ラインデカールを曲げるのに使用しましたφ(^∇^〃) 

 

 

 

水転写デカールを貼る準備

ウエス(Tシャツの切れ端)を水に濡らします。

ヒタヒタにして 容器に置く。

 

準備完了。

 

Tシャツの切れ端はピンセットの先が刺さらないし

ある程度の生地の硬さ、吸水性もあるので○

 

水転写デカールを貼る

水転写デカールを濡れたウエスの上に置く。

  • デカールは一つ一つ切り出してウエスの上に置きます。

水にはくぐらせません。置くだけ。

ヒタヒタのウエスから程よく

 デカールに水分が移っていきます。

水転写デカールの上手な貼り方

デカールが浮いてくるまでしばらく待ちます。

 

待ってる間に次のデカールたちを切ったりしてます。

コーションデカールなら一気に30枚くらいは置きますφ(^∇^〃) 

 

こっちじゃなくてこっちのが良いか・・・

的な時もドンドン貼れます。

 

 

筆の先にちょいちょい触れてみて動いたらOK

デカールは貼ってもらいたくてウズウズしています(^ ^)/

 

ウズウズしていますが、台紙の上で浮いているので

しばらく放置していてもウエスが乾燥さえしなければ

ずっとスタンバイOKです♪

 

デカールのりを塗る

  • マークセッターを事前にたっぷりと塗ります。

水ではなくデカールのりにしています。

台紙ののりだけで貼ると乾燥後に

 ハラハラと落ちることが多々あります。

剥がれた時の虚しさはなんともいえません。

 

 

曲面や直線デカールを曲げたいときは

マークソフターを事前に塗ります。

水転写デカールの上手な貼り方

水転写デカールの上手な貼り方

貼りたい所へんに水溜りを作る感じです。

水転写デカールを移す

  • 台紙毎近くに持っていく

ピンセットで台紙を持って

 筆でデカールを泳がせながら移します。

 

水転写デカールの上手な貼り方

デカール直持ちはデカールが大きくなると

 持ち上げた瞬間、形が崩れるので

この方法をとってます。

 

水転写デカール 位置の微調整

  • 筆で動かす。(要脱力)

デカールが台紙から離れたら筆で

 ソワソワと動かします。

 

強引に押さえつけようとすると

所定の位置に行く前に固定されてしまいます。

事前に張ったデカールのりの上を浮かせながら移動です(^ ^)/

 

動かなかったらデカールのりを追加します。

水転写デカールの上手な貼り方

 

水転写デカール 位置の固定

  • 綿棒で余計な水分をとる

トントントン、コロコロコロ

あくまで脱力です。

 

貼ったデカールの位置がズレ無い様に

注意しながら水気を取っていきます。

 

ここでギュウギュウに押し出すと

のりまで押し出してしまうのである程度です(^ ^)/

水転写デカールの上手な貼り方

水転写デカール 乾燥後

  • トップコートをする。

せっかく貼ったデカールです。

上からキズから守る為、さらなる剥がれ防止の為

トップコートで保護してあげます。

 

 

この方法のメリット

  • コーションデカールなどは多量にスタンバイ可能
  • ピンセットでデカールを持たないから型崩れしない
  • 乾燥後もデカールのりが利いているので剥がれない

 

 

 

バンバン貼れるので楽しくなります。ヨ?