MIYUTOのぷらも道

ぷらも活動(製作・完成)日常雑記

      この道はどこに続く。。。

アイザック 制作2

スポンサーリンク

HGUCアイザックの改造の続きになります。

アクションベースに取り付けられるようにしたのとパイピング改造などをチマチマとしていました~。

 

エメさんに乗ってもらうために最終調整ですφ(^∇^〃) 

 

 アイザック 3mm軸受け取付

特にスタイルに影響がないのですが、、、

アクションベースに取り付けられるようにしました。

アクションベース取付用ポリキャップ取付改修前です。下部にポリキャップを仕込みます。

アクションベース取付用ポリキャップ取付ポリキャップに脱落防止のプラ板をつけて

取り付ける所は削り落としましたφ(^∇^〃) 

アクションベース取付用ポリキャップ取付仕込みましたφ(^∇^〃) 

これで3mm軸でぶっさせます。

アイザック フロントスカートの独立可動化

こちらもスタイルに影響はあまりない?

ポーズした時にフロントスカートが一体で動かない様にしただけです。

フロントスカート独立化この軸を切断します。

フロントスカート独立化バスっとねφ(^∇^〃) 

 

フロントスカート独立化

ポリキャップを入れて脱落防止としましたφ(^∇^〃) 

 

アイザック 頭部の角度改造

こんなデカイ頭でもアゴを引けばカッコよくなるのでは?

 

溺れる者はなんとやら。。。です(^ ^)/

アイザック スタイル改修

これ位の角度までもっていこうかなッと。

ちなみに頭の先端、アンテナとかは薄く削っています。

 

アイザック スタイル改修

バックパックに計3mmのプラ板を積層しました。

アイザック プロペラントタンクの可動化

このアイザックさんは

プロペラントタンクを背負っていて

腕がうまく回りません。

 

腕が動かせるようにプロペラントタンクを可動化させます。

タンク側のピンを切断して3mmで開孔~

 

プロペラントタンクの可動化 軸の交換

コトブキヤのMSGのジョイントセットから

回転軸を取り付けました。

 

いつもジョイントセットには助けられていますφ(^∇^〃) 

 

 

アイザック パイピング

このアイザックのパイプ表現なんですが、

組立てた時から気になっていたので改造します。

 

プラのランナーなのになんか柔らかい?

と違和感ばかりのあったパーツ達です。

こちらは腕についてるパーツ。

アイザック パイプ交換

ポリキャップみたいに柔らかいし、

塗装乗らない?


バンダイの変態技術の一つなのかな~

(異種素材、多色ランナー成形技術)

と思い始めたのが事の発端。

 

パーティングラインもド派手に入ってるし、


なら交換してしまえ

と。

 

まずはプラ棒と板で四角い部分を作ります。

アイザック パイプ交換

あ、

ちなみに使用するパイプは自由自在の2.0mmです。

 

アイザック パイピング

こちらはいろんな色がちょっとづつ入ってます。

30㎝しかないのでお試し用ですね。

 


白を使う事にしましたφ(^∇^〃) 

自由自在デザインワイヤーでパイピング

 

自由自在デザインワイヤーでパイピング

名前は自由自在ですが、

鉄線が入っているので

大きなRはいいのですが小さなRで曲げるには難儀です。


指が痛いのなんのって。

 

  • 二の腕はこんな感じに

アイザック二の腕パイピング

パイプの孔を開けたり、元のゴムパーツ跡の孔を塞いだり

アイザック二の腕パイピング

してこうしています。

 

  • 膝関節

このパーツを改造しました

アイザック膝関節のパイピング

プラ板で箱を組みまして~

アイザック膝関節のパイピング

アイザック膝関節のパイピング

整えます。

どことなく可愛らしい。。。

アイザック膝関節のパイピング

そして 元のパーツの様に開孔しまっす。

アイザック膝関節のパイピング

上下でこんな感じ。

アイザック膝関節のパイピング

パイプを取り付けましてこんな感じです。

HGUC アイザック 塗装前

ちょいちょいいじって現在こんな感じです。

アイザック エメ専用機 塗装前

腕も比較的自由に動くようになりました。

アイザック エメ専用機 塗装前

プロペラントタンクも角度をつけれて近代化の波に乗れたかな。

アイザック エメ専用機 塗装前

徐々にアップで

アイザック エメ専用機 塗装前

最後に顔面アップで

HGUCアイザック エメ専用機 塗装前

 

 

 

エメ専用機らしくなっていますかね?